« ゆっくり休んだ | トップページ | あと4週間! »

2008年1月21日 (月)

vim

vimで修論を書いています。これまで日本語入力にscim+Anthyを使ってたんですが、vimで日本語入力してから、日本語入力をoffにせずにEscapeキーを押してしまうとエライことになってしまってました。

具体的には、Escapeキーを押して編集モードになってから、jとかkとかで移動したりuでやり直そうとしたときにビープ鳴りまくり。

そこで何とかならないかな~Escapeキーを押したら日本語入力もoffにならないかな~と思ってて、偶然研究室の友達に相談したらscimの代わりにuimを使えばうまくいくらしいというのを教えてもらった。

で、さっそくuimをyumでインストール。uimにはvi協調モードっていうのがあって、それを有効にすると、vimでEscape押して編集モードに戻るときに日本語入力をoffにしてくれる!すばらしい!uimを設定するには、ツールバー中のuimバー(?)内の設定ボタンから設定画面を出す。ツールバーになかったらuim-toolbar-gtkを実行する。あとはGUIでAnthy(高度)っていうところの特殊操作→vi協調モードを有効にする にチェックを入れて終了。

これでvimで快適に日本語入力ができるようになりました!

Amazon

ViIMproved‐Vim完全バイブル

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

« ゆっくり休んだ | トップページ | あと4週間! »

論文」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vim:

« ゆっくり休んだ | トップページ | あと4週間! »